スキンケアのコスメティックスを作るならエタノールに注意しましょう

一般的にコスメティックスはお値段が高いものです。
コストパフォーマンスを考えると、手作りをしたほうが
必ず安く上がります。

しかし、きちんと調べてから手作りをしないと肌が荒れたりするので、注意が必要です。
特にアルコールに弱い人は、エタノールに注意が必要です。

注意点

コスメティックスを手作りする場合に一番多いのが、化粧水を手作りするパターンです。
化粧水は毎日のスキンケアに欠かせないもので、スキンケアの本には
顔だけではなく、 首やデコルテにも塗るように書いてあることも多くあります。

手作りの化粧水の中には、無水エタノールを使うようなレシピも
ありますが、 アルコールに弱い人は塗るだけで真っ赤になってしまいます。

手作りのコスメティックスといえども万能ではないので、
そんな人は無水エタノールを使わないレシピでコスメティックスを
作ることが必要です。

コスメを作る

自分の体質をよく把握し、パッチテストをすることが
手作りコスメティックスへの第一歩です。

かかとがガサガサになったらコスメティックスのスクラブでフットケア

冬になると乾燥して足のかかとが角質でガサガサに
なることはありませんか。

お肌は新陳代謝によって新しく生まれ変わるサイクルが
あるのですが、年齢とともに徐々にサイクルが長くなって、
お肌に角質が溜まりやすくなります。

若いころはキレイだったのに、年々カサカサになるので
なんとかしたい。

スクラブ

そんなときはフットケアとしてコスメティックスのスクラブを
使ってはどうでしょう。

小さな粒子が角質を擦りあげるようにして剥がし、
キレイに落としてくれます。

普通のせっけんでは軽石などを使ってゴシゴシ擦らないと
なかなか落ちませんが、コスメティックスのスクラブなら
やさしく擦るだけでキレイに落とせます。

コスメティックスをあまり必要以上に使用を繰り返すと
お肌を剥がし過ぎてしまい、バリア機能により皮脂が
分泌され、角質が過剰に生まれることがあります。

肌に栄養を

何事にもやり過ぎは良くないということですね。
コスメティックスでキレイにした後はオイルなどで
油分を補給させておくと良いでしょう。

これは顔のスキンケアでも同様で、やりすぎは禁物です。
コスメティックスの中でお勧めなのがIPSコスメティックスの
化粧品ですが、洗顔用に化粧石鹸があります。

IPSコスメティックスの化粧石鹸はしっかり洗浄できて
不足しがちな栄養を肌に与えますが、洗顔する際には
優しく扱うことを必ず意識することで
しっかりとした効果を得ることができるのです。