基本のヘアケアにもコスメティックスを使いましょう

女性はコスメティックスと聞くとつい化粧品のことを思い浮かべる人が
多いと思いますが、ヘアケア商品もコスメティックスの一部です。

美しい髪のために基本のヘアケアはとても大切なことです。

毎日のシャンプー、コンディショナーやリンスなど基本的なこと
こそ継続が大切で、それに加えてヘアオイルやトリートメントなどの
IPSコスメティックスによるヘアケアが望ましいです。

その他のコスメティックスには、髪をドライヤーやコテの熱から
守る商品や、その他のダメージから髪を守る商品などが挙げられます。

ドラッグストアなどにいけばたくさんのコスメティックスが
売られていますので、自分に必要なものをいくつかチョイスして
みてください。

特にカラーやパーをかけている人は基本のヘアケアに
専用のコスメティックスを加えるだけで髪が劇的に
美しくなることもありますし、施術が長持ちすることも多いです。

手間も費用も掛かりますが、美しい髪というのは
それだけでも人を惹きつけます。頑張ってケアしていきましょう。

 

髪を傷める原因は?メラニン色素を染めるカラーリングはキューティクルが剥がれて髪が傷む

パサつきやうねりなどが目立つ髪質は、ダメージを負っている状態なので髪を傷める原因と対処方法をきちんと理解しておくことが重要になります。
特に普段からカラーリングを行っている場合、髪の約90%を占めているコルテックスにはメラニン色素が含まれていますが、この色素によって髪の色が決まります。カラーリングやブリーチを利用する場合、この髪のメラニン色素を分解したり、直接染めることによって髪色を変化させることから、コルテックス部分まで染色剤が浸透し、ダメージを受けてしまいます。

健康な髪質はキューティクルが剥がれないことが基本となるので、髪を染めてしまうと薬剤でキューティクルが剥がれてしまうので、どうしても髪が傷んでしまうのです。
そのため少しでもダメージを減らす対策方法としては、髪を染める頻度を出来るだけ減らすように美容師さんと相談をすることがおすすめですし、ダメージ補修を行うためにもトリートメントで髪質を整えるケアを取り入れることで、つるつるとした美しい髪質を維持することが出来るようになります。

一度傷ついてしまった髪質を改善したいと考えているなら、髪から失われてしまっているたんぱく質や水分を補給するためにも、ヘアトリートメントを普段のヘアケアに取り入れることをおすすめします。
髪を染めた後は自宅でのお手入れにもトリートメントで集中ケアを行うように気をつければ、チリチリ、パサパサといた髪質を落ち着かせて、まとまりやすくしなやかな状態に整えることが出来ます。