事故車の買取と下取りの内容の差

一般人がそれまで乗ってきた事故車を手放す際には基本的にディーラーへの下取りか中古車買取業者への売却があり、それぞれメリットとデメリットが存在するので内容をよく理解しておくことが重要です。

まずディーラーの場合手間がかからないのが最大の利点です。
下取りとは新たに車を買う際にそれまでの乗ってきた車を手放すことで新たに買う車の価格を中古車の価値の分下げてもらうことであり、売却の手間を大幅に省くことが可能です。

さらにメーカーと密接に関わっているディーラーですので信頼度もとても高く法律に違反するような業者はもちろん、ユーザーをだまして利益を出そうとする業者はまずいません。

一方中古車買い取り業者の場合は手間や信頼度でディーラーに劣りますが金銭的には得をします。
このように双方利点・欠点が存在するのでどちらがいいかは決めつけられないところですが、事故車の場合には買取業者がお勧めです。

ディーラーの場合あくまで車を売る業者であり、需要の高い中古車であれば転売するのも楽ですが、事故車の場合は転売がとても難しくなり、価格が極端に下がりがちなのです。